赤、黄信号が点滅している時の注意点

赤信号と黄信号は消灯するか点灯するのが基本ですが、例外として赤信号や黄信号が点滅していることもあります。

これは交通量の少ない場所で多いですし、夜間はこの方式に切り替わっていることもあります。まず赤ですが、これは自動車は一時停止をした上で、左右を確認し、安全であれば進めるという方式です。

なぜこのような方式を採っているのかと言いますと、交通量がもともと少なかったり夜で車が少ないのに、赤信号で車を止めて、青になるまで待たせるのは合理的でないからです。

とは言っても交差する車線から車が来るかもしれませんので、もちろんしっかりと一時停止して、確認することが不可欠です。

次に黄信号ですが、これは徐行しながら進むことができます。

考えてみますと、この両者の仕組みはとても合理的ですね。

さて、こうした信号が採用されている場所は交通量が少ないだけに、油断してスピードを出してしまうこともあるかもしれません。

しかし、夜はただでさえ視界が悪く、暗い色の服を着た歩行者や自転車がいても、とても気づきにくいものです。誰も居ないだろうと油断してしまうと、加害者になるという悲劇が待っているかもしれません。交通量が少なくても安全運転です。