Author Archive

一方通行道路の注意すべき点  

一方通行道路とは、車両の通行を一方向に限定している道路のことで、日本では車両進入禁止の道路には、赤丸に白でマイナスの標識が設置されていて、車は標識の方向へ進入できません。
歩道・自転車道で、自転車の通行規制をする場合は、矢印に自転車のマークの標識を設置して、通行方向を指定し、出口付近では車両進入禁止の標識を設置して、補助標識で「自動車・原付」・「自転車を除く」などを指示して通行可能なものや、時間帯により通行可能なものを指定します。
この標識は、道路の幅員不足や通学路・住宅街・繁華街に多く、交差の安全性を向上させたり、渋滞発生の抑制のために設置していますが、近年の高齢化や道路の複雑化により、高速道路等において高齢者等が誤認して、出口から逆走することによる重大事故が多発しています。
自動車運転死傷行為処罰法の施行により、方向規制のある道路を、故意に違反して、交通事故を起こし人を死傷させた者は、危険運転致死傷罪が適用され、最長で20年以下の懲役(加重により最長30年以下)、運転免許の取消しになり、5年から8年は免許を取り直すこともできません。
間違えやすいものに、通行止めがありますが、通行止めは車だけでなく歩行者も通行できません。

押して歩くときは歩行者として扱われます

教習所で小耳にはさんだことあるかと思いますがオートバイ・二輪車はエンジンを切った状態で押して歩くときは歩行者扱いとなります。50ccの原付でも、400ccまでの中型バイクでも、それ以上の大型バイクでも排気量は全く関係ありません。ただ、バイクにまたがった状態だと歩行者としては扱われませんので注意が必要です。歩行者として扱われるのであれば一方通行の道だろうが進入禁止の道だろうが問題ありません。車体は荷物として扱われるので歩道も歩けます。ですがさすがに原付でも大きな荷物になりますので歩道などを歩行するときには周囲への気遣いをお忘れなく。法的には特に問題ありませんがモラルに問題あり、と思われてしまうかもしれません。さらに停止して直後はマフラーなど高温になっている部分もあり、大変危険ですので押して歩くにしても小さな子供には特に注意せねばなりません。できれば押して歩く機会の少ないよう道順を考えた方がよいでしょう。また、バイクを押して夜道を歩くときなどはキーをオンにした状態でテールランプだけでも点灯させておけば後ろから来る車などにも自分の存在を確実にアピールすることでき、安全に歩行することができます。

路側帯を通行できる軽車両とは何を指す?

軽車両という言葉は聞きなれない言葉ですが、実は主に自転車のことを指すのです。他にはリアカーなどもこれに含まれます。

自転車は以前は歩道を走るように規定されていましたが、最近の法改正により、原則として車道の路側帯を走るように定められました。

なぜそのように改正されたかですが、理由の一つとして、自転車が歩道でスピードを出して危険な運転をするため、歩行者を守るために改正されたのです。

ただ、かといって日本は国土が狭く、車道以外のスペースがほとんどないような狭い道路も多いです。それなのに自転車が路側帯を走るのは危険なことも多く、自転車専用のレーンをもっと整備するべきだとの指摘もあります。

法律でも自転車が路側帯を走るのが危険などやむを得ない時には、歩道を走ることができると定められています。ただし、左側の歩道を走らないといけません。

安全に通行している自転車にとっては負担が増える改正だと言えますが、自転車に乗る際には歩行者に不安感を与えないような安全運転が求められているのです。

さて、自動車のドライバーにとって自転車が車道を走るのは、危険を感じることも少なくありません。自転車がいる場合には速度を落としたり、距離を空けて追い越すなどの対策が必要です。

車が通行できるかどうかの判断方法

車が通行できるかどうかの判断方法で特に重要な事では、やはり標識を確認する事が一番重要であり、その標識にある表示を確認しながら、取引を進めていく訳ですが、そこで自動車が通る事の出来るスペースがあって、歩行者や自転車との道路の交通の妨げにならないのかと言った所も、特に危険かどうかと言った所で考えると、重視しなければいけない所となります。まずはこうした取引に関しても重点的に考慮する必要があり、標識でも通る事の出来る道であれば、注意しながら走行する事も考えられます。まずはこうした所をしっかりと考えながら車が通り抜け出来る所からも、判断出来ていて安全運転に心がけながら通る事となります。
道路に関しては、なかなか自己判断を行うと危険な場所も多く、はまり込んでしまう危険性も当然あります。バックが出来る所であれば問題はありませんが、戻る事も困難な所も中にはあって、標識を注意しながら見て行く事も判断材料としては特に大切な事となります。細い道は特に注意を払いながら、歩行者や自転車と接触しない様に運転をする事が必要であり、そこを見据えて行きながら、安全運転を実施出来る事は、とても素晴らしい状況となっていきます。

規制標識の役割

道路標識の一つの種類に、規制標識があります。
これは、車両または歩行者に対して、交通の禁止、制限、指定を行うためのものです。
都道府県の公安委員会が設置することとなっています。
たとえば、車両進入禁止や車両横断禁止、右折禁止などが該当いたします。
車両進入禁止の標識が設置されている方向からは、車両は進入することはできませんが、反対の方向からの進入は可能です。
一方通行路の出口に設けられています。
また、車両横断禁止の標識は、車が横断することを禁止しています。
たとえば、車両が走行していて、道路外の右側の施設に向けて、右折を伴う横断をすることが禁止されているのです。
間違いやすいのですが、あくまでも、横断禁止であって右折禁止ではありません。
この標識では、車両の右折はできるのです。
混同しないように注意が必要です。
道路標識は、ほかにも、案内標識、警戒標識、指示標識及び補助標識などに分類されます。
なお、道路の上には、ほかにも、道路や交通の状況によって、案内や注意喚起、指導用の看板類が設置されることがありますが、これらは道路標識のジャンルには入りません。
これらの道路標識は、交通安全の確保のために設けられたものです。

残存歩行者には要注意

残存歩行者とは歩行者用の信号が赤になり、車道用の信号が青になっても横断歩道を通行している歩行者のことです。

本来自動車側が青ですので自動車が走りだしてもよさそうですが、それでは歩行者に衝突してしまいかねません。

やはり公道上において自動車は危険な存在であり、歩行者を保護すべき立場ですから、歩行者を保護するために、こうした歩行者がいる場合には、渡り切るのを待たなければいけません。

自動車からすれば迷惑な話にも思えますが、例えば高齢者であったり、体が不自由な方などは急いで横断歩道を渡ることができないことがあります。

そのため、歩行者が渡り切るのを待つのが、ドライバーとしてのマナーでありルールでもあるのです。

このように横断歩道のある場所は歩行者や自転車などの横断がありますので、ドライバーにとっては要注意です。横断歩道がない場所を横切る場合もありますので、予期して注意することが大切です。

例えば学校の近くであれば、登下校中の子供がいきなり道路に出てくるかもしれません。また高齢者は道路の状況にかかわらず、それもゆっくりとした動作で道を横断することがあります。

たとえ歩行者に過失があったとしても自動車側の責任が問われる事が多いですから、気をつけましょう。

みきり発進はこんなに危険

車を運転していてつい、信号などでみきり発進したりしていませんか。
車の運転に慣れてしまうとなぜかしてしまう人が多いですがこれは、自分は大丈夫事故にならないだろうなどと心の片隅で思ってしまっているからなのです。
慢心は最大の敵です、一歩間違うと大事故につながる恐れがあるため絶対にやってはいけません。
しかし例外もありますそれは、運転中信号が黄色に変わろうとしているとき、横断歩道の停止線で急に止まれないというときには、そのまま進んだほうがよいです。なぜかというと、急ブレーキをかけてまで停止した場合もし後続車がいれば追突事故になる恐れがあるからです。
青信号だとしても油断してはいけません。交差点に差し掛かった場合は、若干スピードを落としたほうがよいでしょう。
信号が黄色に変わるとき、歩行者用の信号が点滅しだすので、それを確認してから、スピードを徐々に落とし、停止すればよいです。
日ごろから、少しの注意で車による大事故を防ぐことが出来ます。事故を起こしてからでは遅いのです。自分自身や大事な人の命を守るためにも必ずよく信号をよく確認し、黄色になりかけたら横断歩道の停止線で止まれるように、日ごろから心がけましょう。

時差式信号、セパレート信号、感応式信号、スクランブル交差点の注意点

信号にもいくつかの種類がありますので、その注意点を解説します。

まず時差式信号です。これは道の上下で信号が青になっている時間に差を設けてある信号です。主に三叉路の交差点で、右折する車が滞留しないように青の時間が長く設定されています。

基本的には信号の指示に従えば良いです。

次にセパレート信号です。これは信号の下に矢印が表示される信号です。例えば大通りで通行量が多いと、なかなか右折できないものです。そこで信号が赤になった後に右矢印を表示させることで、安全に右折車を右折させることができるという仕組みです。

複雑な道路では直進と右折の信号が出たりします。矢印の種類が少なければそうでもありませんが、このように複数の矢印が出ますと、初めてその道路を通る時にはとまどうこともあります。

対策としては他の車の動きをよく見たり、矢印の表示に注意しましょう。

次に感応式信号です。これは車が停車する位置の上にセンサーが設けてあり、車が停車することで自動に信号を切り替えるという信号です。

最後にスクランブル交差点です。これは自動車が通過するときにはどの方面の歩行者・自転車も赤信号で渡れないようにしつつ、次の段階では自動車を停車させて歩行者・自転車を一度に通すというものです。

慣れてきた頃が要注意!

免許を取得したての頃や、まだまだ運転に慣れず恐怖心がある頃は、周りにも注意し慎重に運転をすることができます。ですが、運転に慣れはじめてきた頃が一番危険なのです。免許取得から一年もたてば、だいぶ運転することに慣れてきます。しかし、それが危ない運転をしてしまう原因でもあるのです。運転技術が身につくことで、自信が出来てスピードを出してしまいやすくなるのです。特に、信号の時が危なく初心者の頃は、もちろんそんなにスピードを出すことも出来ず、黄色になるとできる限り止まるという行動になります。しかし、慣れてきたと同時に黄色でもスピードを出し、渡りきってしまうケースが多いのです。また、渡りきれずにギリギリの所で急ブレーキを掛けたりと、とても危険な運転をしてしまいがちなのです。スピードを出して無理に渡り切ろうと思うことで、危険予測ができなくなってしまいます。また、青になったと同時に、急発進することもとても危険な行動になります。運転者のマナーとして常に、危険を予測し周りに注意しながら運転する必要があります。いくら、運転に慣れてきて自信があっても走行している車は自分の車だけではないということを頭に入れておくことが大切なのです。