規制標識の役割

道路標識の一つの種類に、規制標識があります。
これは、車両または歩行者に対して、交通の禁止、制限、指定を行うためのものです。
都道府県の公安委員会が設置することとなっています。
たとえば、車両進入禁止や車両横断禁止、右折禁止などが該当いたします。
車両進入禁止の標識が設置されている方向からは、車両は進入することはできませんが、反対の方向からの進入は可能です。
一方通行路の出口に設けられています。
また、車両横断禁止の標識は、車が横断することを禁止しています。
たとえば、車両が走行していて、道路外の右側の施設に向けて、右折を伴う横断をすることが禁止されているのです。
間違いやすいのですが、あくまでも、横断禁止であって右折禁止ではありません。
この標識では、車両の右折はできるのです。
混同しないように注意が必要です。
道路標識は、ほかにも、案内標識、警戒標識、指示標識及び補助標識などに分類されます。
なお、道路の上には、ほかにも、道路や交通の状況によって、案内や注意喚起、指導用の看板類が設置されることがありますが、これらは道路標識のジャンルには入りません。
これらの道路標識は、交通安全の確保のために設けられたものです。

Comments are closed.