みきり発進はこんなに危険

車を運転していてつい、信号などでみきり発進したりしていませんか。
車の運転に慣れてしまうとなぜかしてしまう人が多いですがこれは、自分は大丈夫事故にならないだろうなどと心の片隅で思ってしまっているからなのです。
慢心は最大の敵です、一歩間違うと大事故につながる恐れがあるため絶対にやってはいけません。
しかし例外もありますそれは、運転中信号が黄色に変わろうとしているとき、横断歩道の停止線で急に止まれないというときには、そのまま進んだほうがよいです。なぜかというと、急ブレーキをかけてまで停止した場合もし後続車がいれば追突事故になる恐れがあるからです。
青信号だとしても油断してはいけません。交差点に差し掛かった場合は、若干スピードを落としたほうがよいでしょう。
信号が黄色に変わるとき、歩行者用の信号が点滅しだすので、それを確認してから、スピードを徐々に落とし、停止すればよいです。
日ごろから、少しの注意で車による大事故を防ぐことが出来ます。事故を起こしてからでは遅いのです。自分自身や大事な人の命を守るためにも必ずよく信号をよく確認し、黄色になりかけたら横断歩道の停止線で止まれるように、日ごろから心がけましょう。

Comments are closed.