路側帯を通行できる軽車両とは何を指す?

軽車両という言葉は聞きなれない言葉ですが、実は主に自転車のことを指すのです。他にはリアカーなどもこれに含まれます。

自転車は以前は歩道を走るように規定されていましたが、最近の法改正により、原則として車道の路側帯を走るように定められました。

なぜそのように改正されたかですが、理由の一つとして、自転車が歩道でスピードを出して危険な運転をするため、歩行者を守るために改正されたのです。

ただ、かといって日本は国土が狭く、車道以外のスペースがほとんどないような狭い道路も多いです。それなのに自転車が路側帯を走るのは危険なことも多く、自転車専用のレーンをもっと整備するべきだとの指摘もあります。

法律でも自転車が路側帯を走るのが危険などやむを得ない時には、歩道を走ることができると定められています。ただし、左側の歩道を走らないといけません。

安全に通行している自転車にとっては負担が増える改正だと言えますが、自転車に乗る際には歩行者に不安感を与えないような安全運転が求められているのです。

さて、自動車のドライバーにとって自転車が車道を走るのは、危険を感じることも少なくありません。自転車がいる場合には速度を落としたり、距離を空けて追い越すなどの対策が必要です。

Comments are closed.