残存歩行者には要注意

残存歩行者とは歩行者用の信号が赤になり、車道用の信号が青になっても横断歩道を通行している歩行者のことです。

本来自動車側が青ですので自動車が走りだしてもよさそうですが、それでは歩行者に衝突してしまいかねません。

やはり公道上において自動車は危険な存在であり、歩行者を保護すべき立場ですから、歩行者を保護するために、こうした歩行者がいる場合には、渡り切るのを待たなければいけません。

自動車からすれば迷惑な話にも思えますが、例えば高齢者であったり、体が不自由な方などは急いで横断歩道を渡ることができないことがあります。

そのため、歩行者が渡り切るのを待つのが、ドライバーとしてのマナーでありルールでもあるのです。

このように横断歩道のある場所は歩行者や自転車などの横断がありますので、ドライバーにとっては要注意です。横断歩道がない場所を横切る場合もありますので、予期して注意することが大切です。

例えば学校の近くであれば、登下校中の子供がいきなり道路に出てくるかもしれません。また高齢者は道路の状況にかかわらず、それもゆっくりとした動作で道を横断することがあります。

たとえ歩行者に過失があったとしても自動車側の責任が問われる事が多いですから、気をつけましょう。

Comments are closed.